炊飯器で簡単!手作り干し芋の作り方

天気予報を見て、晴天が3~5日続く日を選んで作りましょう!

準備するのは、さつまいもと炊飯器と干し網です。

さつまいもは、自分のお好みのねっとり系のさつまいもを選んでください。(ホクホク系のお芋だと美味しい干し芋になりません。)

私は、ねっとり系の「安納芋」や「シルクスイート」を試したけれど、「べにはるか」が一番美味しかったので「べにはるか」で干し芋を作っています。

炊飯器に入る量のさつまいもを(3~6本)洗い、皮付きのまま炊飯器に入れ、400~600mlのお水を入れてスイッチオン!

玄米モードがある炊飯器の場合は、じっくり長く炊く方が、さつまいもがよりねっとり仕上がるので、玄米モードがおすすめです。

炊飯器にさつまいもが入りきらない時は、写真のようにさつまいもの端を切っても大丈夫です。(このお芋は、苗を作るために切っています。さつまいもから苗作り

蒸し上がり!

蒸し上がったら、熱いうちに皮をむきましょう

手でむいても良いけれど、包丁を使って少し厚めにむくと、色が黒っぽくならず、きれいな干し芋になります。

冷めると皮がむきづらくなるので、ちょっと熱いですが、がんばってください!

すべての皮をむき終えたら、少し冷まします

炊き立てのお芋は柔らかく、熱いうちに切ると崩れやすいので、冷ました方がうまく切れるようになります。

少し冷めたら、さつまいもが長いときは半分に切り、厚さ5~8㎜程度に切ります。
繊維を切らないように、縦に切りましょう。

切ったさつま芋を、重ならないように並べて天日干しします。

私は一度にたくさん作るので、魚の干し網(600円位)を使って干していますが、少量でしたら、ザルや、小さな干し網が100均にも売っているのでおすすめです!

1日1回、表面を裏返し、まんべんなく日に当てます。夜はそのまま干しっ放しで大丈夫です。

やわらかめが好きな方は3日程度、固めが好きな方は5日程度干したら「手作り干し芋」の完成です。

私は、お芋を触る時、100均の使い捨て手袋(100枚入り)を使用しています。

自分で干し芋を作ると、安いのはもちろん、干し具合も調整できるので、やわらかめが好きな方は短めに干し、固めが好きな方は長めに干して、自分のお好みの干し芋を作ってくださいね!

ちなみに私は、やわらかい干し芋が好きなので、3日程度干しています。

ただ、干す時間が短いと賞味期限も短くなりますので、
こちらの 手作り干し芋の賞味期限 を参考にどうぞ。