スライス天日干し 干し柿

近所で渋柿が売っていたので、前々から作ってみたかった「干し柿」を作ることにしました。

丸ごと干すのは日数がかかるので、薄切りの「干し柿」にしてみます。

私が購入したのは「蜂谷柿(渋)」

4個入りで、約1360g。1個約340gと大きい柿です。

渋柿は初めて購入したので、干す前に試しにちょっと食べてみたら、何とも言えない渋さで、舌が変になりそうでした。

これが本当に甘くなるのか不思議です。

皮ごと水でサッと洗い、水気を拭き取ります。

皮つきのまま8等分・16等分(お好みで)のくし型切りにして、一つずつ包丁で皮をむき、種を取り除きます。

この柿は、ほとんど種がなく、1個に1種だったので、切るのが楽でした。

「蜂谷柿」は種が少ないのかな~と思ったら、4個の内のひとつ、種がたくさんのものが。

すべての蜂谷柿の種が少ない訳ではなさそうです。

干しネットやザルに、重ならないように並べて、空気の乾いた晴れの日に干しましょう!

毎日裏返し、渋が抜けて甘くなったら完成です。

3日目に試しに食べてみたら、まだ渋かったので、1週間くらい干すと、甘くなり美味しくなりますよ。

雨の日は室内に入れてくださいね。

気温が高いとカビがはえるので、気をつけましょう!

6日ほど天日干しした8等分の干し柿は、87g、16等分は、62gでした。

干す前は、1個約340gだったので、柿の皮と種を除いても、大分軽くなりました。

すぐ食べるものはビニール袋に入れ、保存用はパウチにしました。

最初食べた時のあの渋さが、天日に干すだけで甘く美味しくなる不思議。

切って干すだけの簡単「干し柿」、両親におすそ分けしたらとても喜ばれました。

もし良かったら、作ってみてくださいね。