「今年の漢字」は?

「今年の漢字」は、その年の世相を表す漢字一字を全国から募集し、最も応募数の多い漢字を発表する行事です。

漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるために1995年から始まりました。
12月12日(漢字の日)頃に、京都 清水寺にて発表しています。

主催は公益財団法人 日本漢字能力検定協会です。

2021年
(キン・コン・かね・かな・こがね)
長いコロナ禍において開催された東京オリンピック・パラリンピックでの日本人選手の活躍や、各界で打ち立てられた「金」字塔がひときわ輝くニュースとなった年。
2020年
(ミツ・ビツ・ひそかに・こまかい)
世界中が新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けた一年。3「密」という言葉が提唱され、生活・行動様式が「密」にならないよう国民が意識し続けた。大切な人との関係が「密」接になり、人とのつながりの大切さを再認識する機会になったという声も。政治判断が「密」室で行われたことや、芸能界での「密」会報道などでも使われた年。
2019年
(レイ・リョウ・いいつけ・おさ・よい)
新元号「令」和に新たな時代の希望を感じた一年。「令」和が日本最古の歌集・万葉集からの出典で、海外にBeautiful Harmony=美しい調和と説明されたことや、「令」の字が持つ意味・書き方にも注目が集まった。また、法「令」改正、法「令」順守、警報発「令」、避難命「令」としても使われた年。
2018年
(サイ・わざわい)
北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、自然「災」害の脅威を痛感した一年で、「災」害の経験から全国的に防「災」意識が高まり、多くの人が自助共助の大切さを再認識した年。
2017年
(ホク・きた・にげる・そむく)
「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年。
2016年
(キン・コン・かね・かな・こがね)
リオオリンピックにおける日本人選手の「金」メダルラッシュと、東京五輪に希望を託した「金」。政治と「金」(カネ)問題に揺れた年。スポーツ界に新たな金字塔、マイナス金利初導入。金髪、金色の衣装を身に着けたピコ太郎さんの「PPAP」にも注目が集まった。
2015年
(アン・やすい・やすんじる・いずくんぞ)
「安」全保障関連法案の審議で、与野党が対立。採決に国民の関心が高まった年。世界で頻発するテロ事件や異常気象など、人々を不「安」にさせた年。建築偽装問題やメーカーの不正が発覚し、暮らしの「安」全が揺らいだ。
2014年
(ゼイ・セイ・みつぎ)
消費「税」率が17年ぶりに引き上げられ「税」について考えさせられた年。「税」に関わる話題が政財界で多く取り沙汰された1年。
2013年
(リン・わ)
2020年のオリンピック・パラリンピック東京開催が決定したり、富士山の世界文化遺産登録、サッカーFIFA ワールドカップ(2014)に日本代表の出場が決定したなど、日本中が「輪」になって歓喜にわいた年。人とのつながりの「輪」を感じた1年。未来に向けた更なる「輪」を実感、注目。
2012年
(キン・コン・かね・かな・こがね)
「金」に関する天文現象の当たり年。数多くの「金」字塔が打ち立てられた1年。「金(かね)」をめぐる問題が表面化。
2011年
(ハン・バン・きずな・ほだす)
東日本大震災をはじめとした大規模災害により身近でかけがえのない人との絆をあらためて知る。なでしこジャパンのチームの絆にも感動。
2010年
(ショ・あつい)
夏の全国の平均気温が観測史上最高を記録して、熱中症にかかる人が続出。また、チリ鉱山事故で暑い地中から作業員全員が無事に生還。
2009年
(シン・あたらしい・あらた・にい・さら)
さまざまな「新しいこと」に期待し、恐怖を感じ、希望を抱いた一年。世の中が新たな一歩を踏み出した今、新しい時代に期待したい。
2008年
(ヘン・かわる・かえる)
日米の政界に起こった変化や世界的な金融情勢の変動、食の安全性に対する意識の変化、物価の上昇による生活の変化、世界的規模の気候異変など様々な変化を感じた年。
2007年
(ギ・いつわる・にせ)
身近な食品から政界、スポーツ選手にまで、次々と「偽」が発覚して、何を信じたら良いのか、わからなくなった一年。
2006年
(メイ・ミョウ・いのち)
悠仁様のご誕生に日本中が祝福ムードに包まれた一方、いじめによる子どもの自殺、虐待、飲酒運転事故など、痛ましい事件が多発。ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年。
2005年
(アイ)
紀宮様のご成婚、「愛・地球博」の開催、各界で「アイちゃん」の愛称の女性が大活躍。残忍な少年犯罪など愛の足りない事件が多発したこと。「愛」の必要性と「愛」欠乏を実感した年。
2004年
(サイ・わざわい)
台風、地震、豪雨、猛暑などの相次ぐ天災。イラクでの人質殺害や子供の殺人事件、美浜原発の蒸気噴出事故、目を覆うような人災が多発。「災い転じて福となす」との思いも込めて。
2003年
(コ・とら)
阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝、衆議院選挙へのマニフェスト初導入で政治家たちが声高に吠(ほ)えたこと、「虎の尾をふむ」ようなイラク派遣問題など。
2002年
(キ・かえる・かえす)
北朝鮮に拉致(らち)された方の帰国、日本経済がバブル以前の低い水準に戻ったこと、昔の歌や童謡のリバイバル大ヒットなど「原点回帰」の年。
2001年
(セン・いくさ・たたかう)
米国同時多発テロ事件で世界情勢が一変して、対テロ戦争、炭そ菌との戦い、世界的な不況との戦いなど。
2000年
(キン・コン・かね・かな)
シドニーオリンピックでの金メダル。南北朝鮮統一に向けた”金・金”首脳会談の実現。
新500円硬貨、二千円札の登場など。
1999年
(マツ・バツ・すえ)
世紀末、1000年代の末。東海村の臨界事故や警察の不祥事など信じられない事件が続出して、「世も末」と実感。来年には「末広がり」を期待。
1998年
(ドク)
和歌山のカレー毒物混入事件や、ダイオキシンや環境ホルモンなどが社会問題に。
1997年
(トウ・たおれる・たおす)
山一證券など大型倒産が続出。サッカー日本代表が並みいる強豪を倒してワールドカップ初出場決定。
1996年
(ショク・ジキ・くう・くらう・たべる)
O-157食中毒事件や狂牛病の発生、税金と福祉を「食いもの」にした汚職事件の多発。
1995年
(シン・ふるう・ふるえる)
阪神・淡路大震災や、オウム真理教事件、金融機関などの崩壊に”震えた”年。

参考:公益財団法人 日本漢字能力検定協会「今年の漢字」