「ムーミンバレーパーク」は楽しい?

埼玉県飯能市にある、ムーミンバレーパーク。

開業してからずっと気になっていたけれど、少しコロナも落ち着いてきたので、やっと3年目にして行くことが出来ました。

「ムーミンバレーパーク」の情報

開業:2019年3月16日

場所:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ

駐車場:9:30-20:00 (平日無料)土日祝は、最大1,500円(500円/1時間)

営業時間:平日10:00-17:00 土日祝10:00-18:00

料金:1デーパス おとな(中学生以上)3,200円 こども(4歳以上小学生以下)2,000円
前売り販売は、それぞれ200円安く購入することが出来ます。

「ムーミンバレーパーク」の紹介

ムーミン一家の暮らすムーミン屋敷、物語の中で登場する水浴び小屋・灯台や、追体験のできる複数の体験施設、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティング、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、新しい発見に出会うことができる場所です。

世界最大級の品揃えとなるギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び、レストランでは、北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しめます。

四季折々の豊かな自然環境を舞台にした季節ごとのデコレーション演出や、 原作の大きな魅力である「文学性」や「アート性」を感じることができる空間です。

リニューアルオープン(2021年12月10日)

ムーミンバレーパークは、2021年12月10日にリニューアルオープンしました。

新テーマは「Well-being

ムーミンバレーパークが考える「Well-Being」は「心もからだも心地よい状態が継続すること」。訪れたゲストが、ムーミン、作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランド、そして自然を通してのんびりでき、心とからだが笑顔になれる、そんなパークに進化しました。

変更点

今まで、ムーミンたちに会える機会が少なかったのですが、リニューアル後は、園内の各所でも、ムーミンたちに会うことができるようになります!
新しいムーミンバレーパークでは、ムーミンたちをもっと身近に感じるはずです。

「1デーパス」と「入園チケット」2種のチケットが、12月10日から「1デーパス」のみとなります。販売価格は、おとな4,200円から3,200円とお買い求めやすくなります。

その他、ショーやレストランもリニューアルしています。

「ムーミンバレーパーク」を体験!

2022年5月

ムーミンバレーパークの入口近くに「本」のオブジェが。

パークに入る前からムーミンの世界が楽しめます。

平日に行ったことと、時間が11:30だったこともあり、人影もなくガラガラでした。大丈夫?

入場したらちゃんと人がいました。数名ですが…

「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミン谷とアンブレラ」(2022年4月27日~7月3日)が開催されていました。

日本最大級200mのアンブレラスカイが楽しめる「ムーミン谷とアンブレラ」

もう素敵すぎて、ずっと上を見ながら歩いていました。

個人的には青色が一番好きでした。

よく見ると、気球や、ムーミンの仲間達がいます。でも、わかりづらいので、もうちょっと大きいのを飾れば良いのに。

これを見るだけでも行く価値あり!

期間限定(4/27~7/3)なので、今年行けなかった方は、きっとまた来年も開催されると思うので、来年行ってみてくださいね。

「ムーミン屋敷」

ここに来たかった!!

写真い~っぱい撮りました。

ムーミン屋敷は、中に入ることができます!

ムーミン達の部屋が再現されていて、この施設はさすがに人気で、空いている平日でも、唯一混雑していました。

混んでいるので仕方が無いけれど、時間でどんどん進まないといけなかったので、もうちょっとゆっくり見たかったなぁ。

「ダンス・ダンス・ウィズ・ムーミン」

参加型ショー「ダンス・ダンス・ウィズ・ムーミン」

このステージは、ムーミン好きでもちょっと意見が分かれそう。

スナフキンは踊らないで欲しかった。。イメージが。。

それにしても、どうしてリトルミィとスナフキンは着ぐるみじゃないのかな。

スナフキンはパーク内でよくみかけたけど、一緒に写真を撮ってなんて言いずらい雰囲気。

着ぐるみだったら言いやすいと思うんだけどなぁ。

スナフキンのテントやおさびし山

パークの1番奥まで歩くと、スナフキンのテントがあります。

途中オブジェがある位で特に何もありません。

でも、それが良いのかな。

のんびりお散歩です。

つぎは坂道を上り、「おさびし山エリア」へ。

丘の上にツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」発見!

上まで登ってハウスの中を見てみたい!でも、「ヘムレンさんの遊園地」は6〜12歳しか遊べないらしく、大人は登るのもいけないのか、良く分からない。

今日は空いていて、誰一人と遊んでいる子供はいません。それでも登っちゃいけないのか分からず、外から見るだけに。

大人も登るくらいは良いんじゃない?

ムーミン谷に彗星が落ちてくる!のシーン

ムーミン、スナフキン、スニフが、おさびし山のてっぺんの天文台を目指します。

よく見ると、小さな3人のシルエットが見えるんです。わかりますか?

ムーミンとムーミンママに会えた!

ムーミン発見!

リニューアル前に行ったことが無いので比較できないけれど、会いやすくなっているのかな。

やっぱり会えると嬉しいわ♪

かわいいなぁ~

「アーケードゲーム」にチャレンジ!

3つのアーケードゲームにチャレンジして、どれも玉砕されました><

1回500円で、成功するとムーミンのぬいぐるみや、ニョロニョロのぬいぐるみがもらえます。

でも、失敗しても、参加賞にかわいいピンバッチがもらえるので、是非遊んでみてくださいね。

ピンバッチの種類は、ニョロニョロのゲームは3種類、ムーミンのゲームは1種類でした。

今日はゲームをしている人が全然いなくて、ガラガラでした。土日祝だったら並んだりするのかな?

ディズニーみたいに、ピンバッチの種類を増やしたら、ゲームを何度もする人が増えるんじゃないかなぁ。

体験展示施設「コケムス」

体験展示施設の「コケムス」

ムーミンの小説や、絵本の世界の紹介、8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、アート作品・展示が楽しめます。

ムーミン谷の巨大ジオラマ発見!

メチャメチャかわいい!!
ムーミンの仲間たちが色々な所に隠れています。ず~~っと見ていられます。

私は、ムーミンフィギュアを集めているので、いつかこんなムーミン谷の世界を作れたら良いな。

階段の壁画

階段に描いてある絵がかわいくて!

癒されます。

絵本「それからどうなるの?」の世界

絵本の世界に入り込むコーナーです。

人がまったくいませんでした。
こんなにかわいいのに~

モランだ!大きい!!

写真はありませんが、「リトルミイのプレイスポット」や、「海のオーケストラ号」なども楽しみました。

11:30~15:30頃まで、4時間たっぷり楽しんで帰ってきました。

ムーミンバレーパークのお土産

缶がムーミン屋敷の、チョコインクッキーを購入しました。とってもかわいい☆

中のクッキーは個包装なので、中身はお土産で渡しても良いかも?

この入れ物が欲しくて、ガラス瓶砂糖菓子(苺バニラ胡桃)を購入しました。

ちょっと不思議な味でした^^

ニョロニョロの傘発見!かわいい~!!

雨は降っていなかったけれど、ニョロニョロがかわいくて、思わず購入してしまいました。

でも、かわいすぎて、使えない!!

他にもムーミングッズが沢山あり、どれも欲しくなっちゃうけれど、我慢我慢。

今回のお土産は、paypayの「がんばろう飯能市!最大25%戻ってくるキャンペーン」がちょうどあり、25%分のポイントが後日付与されました。ラッキー♪

カプセルトイ「PUTITTOムーミン マスコット」

ムーミンバレーパーク限定のカプセルトイ(ガチャガチャ)を発見!

フィギュア好きの私は、ここでしか手に入らないのなら全種類欲しい!と思い、たくさん回しちゃいました。でも、10回回してもムーミンが出なくて断念><

結果は、ムーミン0、ムーミンパパ1、リトルミイ1、スナフキン2、ムーミンママ3クリップダッス3でした。

でも、かわいいのでダブっても全然ok!

ムーミンガチャをまとめた記事がありますので、よろしければこちらもどうぞ。

まとめ

行く前は、色々ネガティブな話を聞いていたのでちょっと心配でした。

でも、スタッフの人もとても親切だったし、一般的なテーマパークはアトラクションをメインにしているところが多いけれど、ここは、まったりのんびり景色を見ながらムーミンの世界を楽しもうと思っていたので、十分満足できました。

と言っても、ムーミン好きかそうじゃないかでも評価は変わると思いますが。
一緒に行った人はムーミン好きではなかったので、展示物とか興味が無さそうでした。

もし、この体験記を見て少しでも興味を持ってくれたなら、ムーミン好きの方はもちろん、そうじゃない方も、まずは行って体験してみてくださいね。

参考:ムーミンバレーパーク公式HP